水と人一万五千年の物語

清水湧き出ずるところに神仏おわし、
水めぐるところに人々の営みあり
水と人が紡ぐ信濃大町の物語。
始まりは、およそ一万年五千年前、
仁科三湖のほとりから。

  • 青木湖

    原始時代仁科三湖の恵み

    大町市には、「仁科三湖」とよばれる青木湖、中綱湖、木崎湖の3つの湖があります。これらの湖は、太古からたくさんの「恵み」を与えてくれました。
    「北アルプスの鏡」とよばれる青木湖のほとりでは、今からおよそ1万5,000年前の旧石器時代から人々が生活していました。
    また、木崎湖のほとりには、5,000年以上前の縄文時代中期に日本海側から運ばれたヒスイや滑石を加工して耳飾りや腕輪をつくる工房がありました。

  • 農具川

    古代農具川流域から始まった稲作

    北アルプスの水源から流れ出た河川は、扇状地を作りながら流れ下り、流域には広大な原野が広がっていました。弥生時代になると木崎湖から流れ出る農具川や、段丘上の沢水を利用しながら稲や麻の栽培が始まり、やがて現在の大町市域は「村上郷(むらかみのさと)」と呼ばれるようになりました。今から2000年以上前のことです。

  • 仁科神明宮

    平安時代~鎌倉時代仁科氏による段丘上や扇状地の開発

    やがて、人々の住居は、湿地帯である農具川流域から水はけのよい扇状地の末端や段丘上へと移っていきました。社南部には、伊勢神宮の荘園である仁科厨(にしなみくりや)が設けられました。荘園の管理を任された仁科氏は、居谷里(いやり)の湧水や農具川から導水して社北部の開発を進めました。やがて、農具川西岸にも水を引き入れて大町や平地区の開発が進み、これらの土地を皇室に寄進して仁科荘(にしなのしょう)が成立しました。大町へ水が流入する大切な位置には、開発を守る「水分神(みくまりのかみ)」として、若一王子神社(にゃくいちおうじじんじゃ)が祀られました。この頃、常盤地区では、高瀬川の砂鉄を利用した鉄器の生産も行われました。

  • 水路

    室町時代町ができ、人が住み、水が引かれる

    仁科氏によって都市計画が進められ、現在の大町市街地の骨格が形成されました。京都などの例にならい千国道(後の千国街道)に沿って短冊形の「町割り」を行い、町家の裏側には飲料水や生活用水として鹿島川の清浄な水を引き入れ、表には町川が流れていました。仁科氏の館(やかた)周辺には御所堰が引かれ、周辺の村落では北荒沢や越荒沢などの水路が整備されました。街道に沿った市街地では、八日町や九日町などで定期的に「市」が開かれ、定住人口も増加ました。

  • 水田

    江戸時代水争いと新しい用水堰の開発

    江戸時代になると農業技術が進歩し、新田開発が盛んになりました。しかし、鹿島川から引かれている用水堰や農具川から取水できる水量は限られているために、上流村と下流村で水争いが頻発しました。このため、里山を掘り割って篭川から大町新堰を引き入れ、流末を町川に繋ぎ、原野や山林を切り開いてたくさんの新田が誕生しました。

  • 居谷里水源

    明治〜大正時代飲用水の汚染と水源の開発

    市街地の飲料水の利用について、清浄を保つために申し合わせや規則などをつくりましたが、定住人口が増加すると生活排水などによって町裏の呑堰や町川の水は次第に汚れていきました。
    大町市街地では、飲用水を改良するために、井戸の掘削も試みましたが、なかなか水脈を見つけることができませんでした。このため居谷里水源から導水する計画が立てられ、水利権をもつ社村の承諾を得て1924年に、市街地へ水道が引かれました。共同栓などにより清潔な飲料水を多くの住民が利用できるようになりました。

    高瀬川の電源開発、国産アルミニュウムの誕生

    明治時代後半の1903年には、安曇電機(株)が市内への送電事業を始め、電力需要の増加に伴って高瀬川流域での水力による電源開発が始まりました。1921年には第一発電所が完成し、引き続いて上流部に5箇所の水力発電所が建設されました。

  • 昭和電工

    昭和時代水がもたらした産業振興

    1933年、大町に昭和アルミ工業所(後に昭和電工株式会社大町工場と改称)が設立されて翌1934年には、国産アルミニュウム第1号が誕生し、高瀬川の大出地籍から取水して下流域の農業用水を配分し、残水より常盤と広津に発電所を設ける計画が始まりました。この事業は、昭和電工に引き継がれ、大町の産業振興と近代化に大きな役割を果たしました。
    第二次世界大戦が終わると長野県では、食糧増産と電源開発を組み合わせた総合開発事業を計画し、大町では、1951年から昭和電工が中心となって事業を推進しました。鹿島川源流から取水して青木湖で発電し、青木湖底の21mから再取水して小熊山を貫通し、15か所水門で平から大町へ農業用水を供給した残水を高瀬川大出の取水所で繋ぎ、常盤と広津の発電所へ結ぶ大工事でした。この事業は、多くの雇用や消費の増加をもたらし、100ヘクタール以上の水田が造成され、いくつもの新しい集落が誕生しました。

    大町市の誕生と経済成長

    工事が完成した1954年、町村合併によって大町市が誕生しました。それまで町村ごとに運営されていた水道が整理統合され、市内全域に安定した水道水が供給できるようになりました。
    また、1956年からは黒部ダムの建設工事に伴い、雇用や消費が拡大、大町市の経済成長に大きな効果をもたらしました。

  • 男清水 女清水

    豊かな水を次世代へ

    このように、有史以来、豊かな水とともに暮らしを営み、水を巡らせることで、文化を育み、産業を興してきた信濃大町の人々。近年は、農業や産業に利用するだけでなく、水そのものの価値と魅力が注目されるようになっています。この豊かで清らかな水を守り、活かし、継いでいく人々。
    信濃大町の水と人の歴史は次世代、そしてまた次の世代へと続いていきます。

TOP